健康的に太るためのウエイトアッププロテインおすすめTOP5

ウェイトアッププロテイン

太るのも大変・・・

スポンサーリンク

ダイエットしても続かない・・・、ダイエットする気力が湧かない・・・、いろいろな方法でダイエットしているけどうまくいかない・・・、そんなダイエットに対する“つらさ”はたくさん聞くけど、逆に太ることのつらさはあまり聞くことがありません。

さらに、食べても太らないのはうらやましい・・・、代わってもらいたい・・・。
ダイエットをしている人や太っていることに悩んでいる人から、そんな声をちらほら聞くわけですが、

それをそのままお返ししてやる!!

と声を大にして叫びたくなるほど太りにくい人、痩せ体質の人も悩みの根っこは深いのです。

このように、ダイエットや体重を減らすことだけでなく、太りたい、体重を増やしたい、けれどもうまく太れずに日々悩んでいる人もたくさんいることも理解されなければいけません。

ほんと太るもの大変なんですよ・・・。

私自身も7年ほど前まではかなりの痩せ形で、病気かと思われるくらい情けない体をしていました。事実、栄養状態の悪さから、めまいや立ちくらみがひどく、常に“だるさ”が体中を襲っていました。疲れもなかなか抜けず、家に帰ったら横になってじっとしているか、ボーとテレビを見る、そんなことがしばしばでした。

太りにくい原因は、少食と代謝の良さにありました。食べられずにすぐにお腹いっぱいになってしまうのです。それでいて、消化が早くうまく栄養が摂り込めていない状態でした。これでは標準体重になるどろころか、1kg、2kg太るのも夢のまた夢だったのです。体に不調をきたすのも当然の帰結でした。

そのくらいダイエットがうまくいかずに悩んでいる人と同じように、切実な悩みが痩せ体質や太りにくい人にもあります。太り過ぎもいけませんが、痩せ過ぎも違った形で健康状態を悪くすることを身を持って体験したのです。

そこでどうにかして太りたいと、当時いろいろな情報を調べていきついたのが、プロテインの摂取です。

つまり、筋トレをして効率的にたんぱく質を摂り込むと同時にエネルギー摂取を増やせば、その過程で筋肉が付き、体重を増やしていけるのではと考えたのです。

それが見事にはまりました。

168cmで48kgだった体重が、2年半ほどで59kgまで増えたのです。11kgの増量に成功。

しかも、筋トレでの増量だったので筋肉と脂肪がバランス良く増え、増量前とは比べ物にならないくらい整った体になったと実感しました。もし筋トレをせず、無理に食事を増やすことで増量したとしたら、体脂肪率の増加を招き、整った体になることはできなかったことでしょう。

また、固形の食事と違ってプロテインはドリンクとして取り込めるので、少食の私でも無理なく摂取することができたのも成功の要因だったと思います。

その甲斐あって、めまいや立ちくらみは一切なくなりました。痩せているときは、朝に目が覚めてもしばらく起き上がれず、起きてもフラフラする始末でしたが、いまでは寝起きもよくなりふらつくことなくパッと起き上がれるようになりました。大げさではなく、起きてすぐに走ることができるくらいの感覚です。

筋トレ+プロテインの効果に気付かず、いまだに低体重だったとしたら、本当にぞっとします。恐ろしくて想像すらしたくありません。

筋トレを頑張って良かった、プロテインを摂取してきて良かった、そして体重が増えるだけでなく健康状態やスタイルも良くなった、健康診断もオールクリアでした。自分の体に向き合い、健康的な体重増量の方法に気付くことができて良かったと心から思っています。

そこで私の経験をもとに、体重を増やすためのウエイトアッププロテインをおすすめTOP5としてご紹介したいと思います。いま少食や低体重で悩んでいる人は、ぜひ参考にして下さい。

階級制スポーツでも悩ましい体重増量

体重増量に関しての悩みはスポーツの現場でも起こっています。

特に階級制競技やパワースポーツに言えることで、減量に苦労している話はよく聞きますが、体重を増やすことに関してはスルーされてしまうのが現実です。

テレビなどでも減量の苦しさは伝えても、増量の苦しみが伝えられることは皆無。でも、上記でも述べたように体重を増やしにくい人は減量する人と同じように大変な苦労が待っているのです。

減らしたい(減量)選手がいることは周知の事実。でも、増やしたい(増量)選手がいる事も忘れてはいけません。

「食べればいいのだよ」

これで片づけられてしまうのです。

食べられないから苦労しているのに・・・、食べてもうまく増えないのに・・・、そんな声が聞こえてきそうです。

ラグビー、相撲、柔道などはもとより、軸を安定させたり、飛距離を伸ばしたい野球やゴルフ、体幹やキック力を高めたいサッカーなど、筋トレにより筋肉を付けて適切な体重増量を行いたいと願う各種スポーツ選手が多くいます。

そのような選手にとって有効なのが、エネルギー源である糖質と筋肉を作るタンパク質がバランスよく配合されたウエイトアッププロテインです。

パワースポーツなどでは体重が増えることで、それ自体が武器にもなります。その他のスポーツでは、筋肉を付けることでパフォーマンスが向上し、それに伴い技術不足を補えるだけでなく、技術レベルのアップにもつながることでしょう。

体重アップ、筋肉増量に悩んでいる選手の方々は、一度試されることをオススメします。ウエイトアッププロテインの威力を試合で確かめて下さい。

スポンサーリンク

2017年度版 ウエイトアッププロテインおすすめランキング

ウエイトアッププロテインは、少食の人や太りにくい人が食事だけはとりづらい栄養を無理なく摂ることができる体重増量向けのプロテインです。一般的なプロテインに比べて、糖質が多く配合されているのが特徴で、健康的な体重アップを目指すことができます。

ウエイトアッププロテインを摂るタイミングは、1日2~3回が推奨されます。基本は1日2回を目安にしますが、まずは効果を見定めるために1回から始めるのがよいでしょう。

【摂取タイミングの実例】
★筋トレをする日 ・・・ 筋トレ直後と就寝1時間前(または昼食と夕食の間。例:15時)。状況に応じて筋トレ直前も摂取。
★筋トレをしない日 ・・・ 昼食と夕食の間と就寝1時間前。

混ぜる飲料は水または牛乳がおすすめで、とにかく何が何でも太りたい人は牛乳に混ぜで飲むのが効果的です。

なお、ウエイトアッププロテインは通常の食事にプラスして摂取するサプリメントなので、食事は減らさないように注意して下さい。食欲がないからっと言って、その分をプロテインで補う飲み方(1食分を置き換える方法)はおすすめできません。

1位 ザバス ウェイトアップ バナナ味【60食分】

ザバスのウェイトアップは、体重を増やしたい人にとっては外すことができないベストセラープロテインです。長年人気を保つプロテインで、うまく体重が増えない、少食で栄養状態がよくない、体重を増やしてパワーをアップさせたい等々、そのような悩みを抱える人たちを支えてきました。

効果があるがこそ、これまでずっと愛用されてきたわけですが、飲みやすさや味の良さも人気が続く要因であることを忘れてはいけません。バナナ味はバナナジュースのようにさらっと飲むことができ、飽きずに続けられるのが盤石の人気を築いた要因であることはたしかでしょう。

ウエイトアッププロテインを追求するべく、たんぱく質は1食中20%にとどめ、消化されやすい糖質の一種であるマルトデキストリンを60%まで高めています。そのため、マルトデキストリンによりタンパク質の吸収が促されて、筋トレ直後の筋肉の分解を防ぐ上で大きな効果を発揮します。

11種類のビタミンと3種類のミネラルも配合されているので、体重アップと同時に栄養状態の改善、失われやすい微量栄養素の補給にも

体重増量で悩んでいる人は、まずはザバスのウエイトアッププロテインでその効果を確かめてみて下さい。

2位 ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレート 3.2kg

とにかくデカくなりたい!体のサイズを大きくしたい!エネルギー不足を解消したい!そんな人にオススメできるのがヘビーウェイトゲイナー 900です。味は、チャンピオン社の中で絶大な人気を誇るチョコレートブラウニーです。

牛乳に溶かした場合1回分で約950kcal(水の場合は約600kcal)と驚異的なカロリーを摂取できるとあって、パワー系スポーツの選手や日々のトレーニングで多くのカロリーを消費するボディビルダー、何をやっても太らなかった痩せ体質の人々を中心に高い人気を誇っています。

ウエイトアッププロテインでありながら、タンパク質重視で相対的に糖質と脂肪は少なめになっているのも特徴(少なめとは言え1回で46gの糖質を摂ることができる)。健康的に多くのカロリーを取り入れるにはどうすればよいか?そのような課題をクリアし、徹底的に考え尽くされたプロテインであると言えます。

メーカでは、筋トレ前・筋トレ直後・就寝前の1日3回がおすすめされていますが、まずは1日1回から始め、状況を見て回数を増やすようにしてみましょう。ウエイトアッププロテインを使ったことが無かった人は、1日1杯でも効果を実感できるはずです。1ヶ月後には体重が増えていると思いますので、そのペースで行きたければ1日1回のまま継続し、もっとペースを早くしたい場合は回数を増やすようにするのがよいでしょう。

3位 ウイダー ウエイトアップビッグ バニラ味 1.2kg

ウイダーから発売されているウエイトアップビッグのバニラ味です。

1回分のドリンクで約22gの糖質を摂れるので、少食の人でも無理なくエネルギーを補給することができます。

特徴的なのは、たんぱく質の成分がカゼインであることです。カゼインは消化吸収が緩やかで持続的にアミノ酸を供給できるプロテインです。それゆえ筋肉の分解を防ぐ効果が持続するため、糖質によるエネルギーの増加と相まって、筋量の低下を食い止めながら無理なく体重を増やすことが可能になります。

味はバニラ味で美味しく飲むことができます。牛乳に混ぜると美味しさも倍増し、体重増量も加速させることができます。

また、食欲の増進を助けるオルニチンが配合れている点も大きな特徴です。その効果によって少食の人も日々の食事量が増え、プロテインだけでない食生活全般にわたって効果を高めることが期待できます。

体づくりを助けるビタミン群やミネラルも含まれているので、筋トレ効果を側面からサポートしてくれます。

バニラ味が好きだったり、1位のザバスのバナナ味が合わない場合は、ウイダーのウエイトアップビッグ・バニラ味を試すのをおすすめします。

4位 Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ 3kg

Kentaiのウェイトゲイン アドバンス ミルクチョコ味です。

日本メーカーとしては珍しく3kgのパッケージとして発売されており、その分1回あたりのコストパフォーマンスが高く、費用を抑えながらも体重を増やしていきたい人に特に人気のあるウエイトアッププロテインです。

1回で約21gの糖質を摂ることができ、ビタミン群、ミネラルなどの体づくりをサポートする栄養素も十分に含まれています。味も申し分なく、溶けやすくて水でも飲みやすいとの声もあります。

緩やかに体重を増やしていきたい場合は水で溶かし、できるだけ増加スピードを高くしたい人は牛乳で溶かすとよいでしょう。いずれにしても、1ヶ月もすれば体重が増えていることに気付かされるはずです。

5位 Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス ストロベリー 1kg

4位にランクインしているウェイトゲイン アドバンスのストロベリー味です。

容量は1kgなのでコスパはそれほど高くありません。ただ、3kgを購入して合わなかった場合はコスパ以前の問題になることから、まずは1kgで試して良かったら3kgに移行するためのお試し版としての使い方をしているケースがあります。

もちろん、1kgを続けても位と思いますが、継続して使う場合は3kgの方が確実かつ、格段にコストを抑えることができます。

味はいちごミルクのような風味ですが、甘さも抑えてあり、美味しいと評判。3kgに移る時は、他の味を試してみたい、味に変化が欲しいとの理由からミルクチョコを試す人も多いです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ